コンパクト・折り畳み・最小限大好きミニマルもどきサラリーマン 趣味を最小限の道具で楽しむ効率的な生活を目指して、シェアします

Jabra 65t Activeのマルチポイントが使えなくなってたので、どうにかして解決したらやっぱり最高だった

タロウです。

Jabra 65t

僕の仕事のお供、相棒、パートナーといっても過言ではないJabra 65t Active だったんですが、どうも2か月前から調子がおかしい上に、なぜか前々からマルチポイントがうまくいかないという問題がありました。


このJabraさんを買った理由の一つはマルチポイント。同時に2機種のデバイスにペアリングではなく接続でき、かつどちらの着信もとれる、という優れもの機能です。


一部にはGalaxy機との相性が悪いとか、そういう噂もありましたが、会社から支給される携帯がようやくスマホに切り替わったので、是非とも2台ともハンズフリーで仕事したいと思って何とかしようと思いました。


結果、何とかなりました。そしてJabra 65tは神イヤホンとなった。


2台マルチポイントにはコツがいる

Galaxyが絡むからなのか、なんなのかわかりませんが、支給されたDIGINOというスマホとマルチポイントができなかったんです。

右耳ボタン10秒長押しでのリセットや、ファームウェアのアップデートなども試したけどダメ。

せっかく両方をハンズフリーで仕事できる夢の環境ができると思ってたんですが、ようやくきちんとマルチペアリングする方法を確立しました。備忘録として記録しておきます。


マルチポイント接続のやり方(アップデート:2020年7月11日)

①一台目をペアリング・接続する

②一台目の接続を解除(僕はBluetoothをOFFにしてます)

③右イヤホンからボタン3秒長押し(青く点滅するまで)電源を落とす(この①~③の間、2台目のBluetoothはOFF)

④右イヤホンボタン5秒ほど長押しで再起動(2秒くらいで起動するが、5秒くらいがミソみたいです)

⑤2台目のBluetoothへ接続、ペアリング

⑥2台目のBluetoothをONにして接続→OK!

といった感じ。


同時にWIFI起動しておかないとこと、5秒長押しがキモっぽい。でも、超かんたんじゃん。

iphoneとandroidの2台持ちをする人にも良いかも

試行錯誤して2時間くらいかかったけど、これで着信のたびにイヤホンを差し替える必要もないし、出張中もサクッと受話できる。

最長使用時間は5時間ですが、僕は昼休みを使って充電しなおして一日中耳に刺しっぱなしで使ってます。

電話必須の我々の業界では作業しながら通話ができるのは最高。紙書類を撲滅しているので、問い合わせにもスマホ内に入れてるデータを見ればサクッと対応できます。


前はAndroidとiPadをマルチポイントしていたのですがその時にも快適に使えました。迅速な切り替わりと接続速度は本当にストレスフリー。

今は最新機種のElite Active 75tが販売されており、65tはかなりお値ごろになってますね。正直、機能性や通話品質でいったら破格なので僕はヘタな中華ワイヤレスに5000出すなら今の65tを1万そこそこで買うのをお勧めしたい。



また、iphoneとAndroidの2台持ちというサラリーマンの方も多いのではないかと思うのですが、Air pod買うならこれ買ったほうが1万ちょい節約できるってもんです。Air podはApple製品には最強のシームレスな使用感を提供しますが、Androidへの親和性がまだまだ。


でも、シームレスに着信が切り替えされる。そう、Jabraのマルチポイントならね。


新作75tはUSB C端子を備えている上にさらにコンパクトになっています。ぜひ欲しい!持ち歩くケーブルは少なくなるし、小さいことは良いことです。


その時は65tは下取りしても大した値段にはならなさそうなので、家で使うPCとiPad用に使おうかなと思ってます。


営業サラリーマン、iphoneとAndroidの2台持ちの人。 イヤホン選びで迷ってるなら、僕はJabraをお勧めします。


では。


Jabraのマルチポイント
最新情報をチェックしよう!