コンパクト・折り畳み・最小限大好きミニマルもどきサラリーマン 趣味を最小限の道具で楽しむ効率的な生活を目指して、シェアします

タイ出張報告その2 出張に持っていったものを見直して、今後の無駄を省こう

タロウです。in バンコクでした。

南国かと思いきや日本のほうが圧倒的に暑いという状況に遭い、いろいろと持ってきたものが無駄になってる感すごいです。日本暑すぎ。

というわけで、出張時に持って行ったものを記録して、次回の出張をもっと効率的に身軽に過ごそうぜ作戦です。

今回の荷物

今回は商品サンプルを持ち帰るというミッションがあったため、でかいトランクを持ち込みました。これにバックパックという構成で運用しました。

結果、確実にオーバー荷物でフットワークが悪くなりました。

内容物暴露

では荷物です。

着替えを除いた荷物です。並べるとやっぱり結構多いなあという印象。

お客さんの工場からホテルやらいろいろ移動すること時に、ちょっとこまごまめんどくさかったなあという印象。だいたいはホテルに置きっぱなしだったのですがこれがまた違う国になると南北を動くこともあるのでもっとすっきりさせたい。

まずはすべて確認してからまとめていきましょう。

デバイス関連

PC関連

この時ノートパソコンはInsprion11。先日メモリを交換して8GBになっているので外作業はサクサクでしたが・・・。欲を言えばPDFの編集やちょっとした書き物に対応したくて、2in1のパソコンが気になってたところでした。結果今はSurface proになっております。

マウスはmicrosoftのDesigner Bluetooth Mouse 7N5-00011。ブルートゥース搭載で、しかもローラーの感触や手に持った感じが好みで気に入ってる。



Wifiルーター

Wifiルーターはglobal wifi、いわゆるイモトのwifiを使用。でも、正直galaxy note8がSIMフリーロック解除できるようになったら現地でSIMを買ったほうがいいなあと思っている。現地での交渉が苦手ならGlobal wifiで事前予約がお勧めです。

ほかはAnkerのPower core Fusion 5000で充電アダプターをもっていかないスタイルに。会社の携帯がガラケーなので、100均のガラケー用巻取りケーブルも同梱。これはぜひおすすめしたい。


充電しながらかつチャージもできる出張の強い味方。優れものです。


その後、さらにケーブル周りを断捨離して、コンパクトにしました。

他ガジェット

左部に見える黒いケースはワイヤレスイヤホン。PasonomiのTWS-X9というモデルで、出張の運転中などの為に購入したもの。あとは出先で書類を処理する時集中して作業するときに使用。

飛行機内とかでも引っ掛かりがないので狭い席でもどこかに引っかかる→ビーンッてなる→ああん!!ってなることがなくてストレス減る。

ステーショナリー

絶対に欠かせないのが愛用のペン 三菱鉛筆のピュアモルトプレミアム 4&1 0.7。前はLAMYやら使ってたけど、リーズナブルだけど使いやすくて、しかもなくしたら日本全国どこでも買える。しかも4色+シャーペン。

芯だけは純正のものの書き心地が気に入らなくてジェットストリームのSXR80055P.24に変更しています。

ここまでは必須の装備。電源アダプターはもっとコンパクトなのがいい。


Surfaceに変えてるわけですが、surfaceのアダプターはちょっと融通利かないのよね。


海外用装備類

続いて海外渡航用の装備です。

無印率高めです。なぜなら無印は便利なトラベルグッズをたくさん出しているからなんですね。

まずは右上。普段財布を持たない僕ですがさすがに海外では電子マネーも登録できていないし、小さな露店やローカルな屋台では現金が必要なことが多いのと、チップも必要になってくるという理由から海外用の財布を持っていきます。

これは無印のポリエステルトラベル用ウォレット 黒・約11×9cmというもの、きれいにポケットサイズに収まります。


手帳はいつでも大事。コクヨの測量手帳がメインのメモ帳。メモ帳も取り出すのがめんどくさい時はGalaxy note8にメモ。

コスメ類

いたって普通です。

歯ブラシ等のエチケット類と靴磨き、衣類ブラシ。無印率高め。

最近はどこ行ってもよっぽどのことがなければこういった消臭スプレーもホテルに常備されてるので、これは今後持ち物から消してもいいのかなあと思ってます。


それよりも、服を選択したときの部屋干しの臭い防止策にスペースを割いたほうがいいかも。

その他

こちらは装備類。会社支給の携帯や名刺入れ、電卓など。商談の場でスマホで叩くのは逆にスマートに感じない派です。

あとは鍵とか

服とか。正直こんなに要らなかった。理由はまた今度。

海外のホテルは結構屋上にプールあったりするので防水ケースとか、水着。今回もゆっくりしてきました。

感想:まだまだ無駄が多い

実際にこうやって見返してみると、非常に無駄が多いなあという印象。正直いまならこの3分の2で大丈夫だと思います。

持ち帰りのサンプルは次回からEMSか何かに変更しようと思います。バックパック一枚でOKにしたい。

出張、特に海外の場合は身軽さが命。いかに広く回れるかが何よりも大事です。

日々断捨離とブラッシュアップを行っているので、今後もパッキングに関しては、都度このような形で更新していくことで見直しを図ろうと思います。

では。

アマラバンコクからの眺め
最新情報をチェックしよう!