コンパクト・折り畳み・最小限大好きミニマルもどきサラリーマン 趣味を最小限の道具で楽しむ効率的な生活を目指して、シェアします

福岡から海に行きたいなら壱岐が結構近いし海キレイ!シーガルインでマリンアクティビティを満喫!

 夏だ!海の日だ!海開きだ!ということで、今年も海に繰り出す季節がやってきました。

福岡から海、というとやはり糸島や能古島などが近場では有名ですが、例年そこらへんに遊びに行っている我々としては、やはりもっときれいな海で遊びたい。

そしていろんなアクティビティを安く満喫したいわけです。

共感しているそこのあなた。壱岐おすすめですよ。壱岐。

先日、日帰りで壱岐にマリンアクティビティを満喫しに行ってまいりました。

離島ということで行きづらいんじゃないかと思って躊躇している方々、そんなことないですよ。

そんな壱岐の魅力をお伝えいたします。

集合7時、ベイサイドプレイスの高速船乗り場

本気で遊ぶなら、朝早く起きるのは苦にならない。

嘘です、さすがにきつかった。

福岡は築港本町にあるフェリーターミナルに向かいます。

あやうく騙されてこの第2ターミナルに行きそうになりましたが、高速船ヴィーナスは第1から出発です。

こちらの入り口。手前側にあります。

ターミナル内には巨大水槽が。初めて見た。

福岡→壱岐郷ノ浦まで4220円(指定席)

切符はターミナルの奥手にある券買所で購入します。事前に予約していたほうがよいでしょう。博多湾クルーズなんてのもあるんですね、今度乗ってみたい。

ちなみに玄海島や海の中道なんかにもフェリーが出ています。

朝7時過ぎですが人が多い!

釣り具を持っている人、浮き輪をもっている人、いろんな人たちがいます。やはり日帰りで釣りやマリンスポーツが楽しめる立地というのはありがたいもんです。

高速船はそこまで揺れないし、送迎を頼めるので超便利

結構ガッツンガツン揺れるかなあと思っていましたが心地よい揺れで爆睡、約1時間で壱岐の郷ノ浦に到着しました。

フェリーを出ると、今回お世話になるシーガルインの送迎の方が迎えてくださいました。ここから車で壱岐空港の近くの錦浜まで向かいます。

ほかの乗客たちも送迎の方々に引き取られて散り散りに。

途中の車の中では、我々の釣道具を見て、「そんなもんなくても竹ざおで釣れるわ」と衝撃の事実を告げられ、痛い視線を受けたり、壱岐焼酎の蔵があちこちにあるのを見かけたりと、道中も楽しかったです。

錦浜のシーガルインは、本当にいいぞ

今回お邪魔したこのシーガルインは、各種マリンスポーツやグランピングが楽しめる総合マリンスポーツ海の家!みたいなところです。

主体はダイビングのようですが、いろんなプランがあって、BBQが楽しめたり、20種目のマリンスポーツから遊び放題のプランがあったりと充実のサービス。

店員さんたちもあったかい人たちばかりで心がのびのびとします。

今回はこのプランの中からマリンビーチアクティビティパックを3時間の3700円遊び放題パックで選択してみました。

ビーチアクティビティはビーチバレー、ビーチサッカー、磯遊びセット、フリスビー、キッズ玩具、ビーチ野球、ビーチマットなどが使用でき、またマリンアクティビティではパドルボード、シーカヤック、ウィンドサーフィン、シュノーケリング、ボディボード、サーフィン、釣りが楽しめます。

3時間で遊びきるか、こんなもん!

このプランとBBQを組み合わせることにより

9時着→持参の道具で釣り開始→11時ごろからBBQ→1時ごろからマリンアクティビティ→4時過ぎのフェリーで福岡に戻るという苦えりプランを構築することに成功しました。やったぜ。

プランその1 釣り

そもそも釣のプランも入っているのにも関わらず、釣り具を持参してしまうあたり考えの足らなさを露呈しているわけですが、そんなことは気にしない。


こちとら釣りキチ、自分の道具にはこだわりがあるのさ・・・と自分に言い聞かせます。道中荷物がめちゃくちゃ重かったことは秘密だ。今ならミニマルな道具で行けるよ。

受付から見える浜はすでに楽園。嫌でもテンションはぶちあがりです。いやなことは何一つないんだけどね。

浜を見て向かって右手奥によさげな小磯を発見したのでここで根魚を狙うことにしました。

はい!楽しかったですね!

ベラの猛攻で、ベラ祭りになりましたことを報告させていただきます。一回いい当たりがあったけど、それだけだったなあ。


プランその2 BBQ

今回飲み物は持参しました。持参には持ち込み賃が必要なので、事前に確認するのが吉。

釣から戻ると、予約のテーブルに盛り合わせが。


すごいボリューム。これで5人前です。

20歳そこそこならこんな量ペロリですが40-30歳5人にはハードな量。

牛肉は壱岐牛だそうです。肉をサーブしてくれたおっちゃんも軽快で面白かった。

焼きます。軽く炙るだけで良し。喰え!

うまーーーーーーーーーーーーーーーー!

脂身の強い部位ではないけどしっとりしていて、なんというかうまみがある。そしてタレが最強にうまい!

なんだこのタレは!

ご飯に最高に合うじゃないか!ということで3杯ほどご飯をお替りすることになりました。

野菜もうまい、締めの焼きそばも最高にうまい。かなり満腹。

ごちそうさまでした。

あまりの満腹度に一名「気持ちええよう」と言いながら転がり始める始末。

腹ごなしに何かやらないとマジで太る。

プランその3 マリンアクティビティ

そもそも今回の遠征はSUP(パドルボード)がしたい!という目的から組まれたものだったのです。

なので、とりあえずSUPから始めました。

結論から申し上げると、超ムズイ。バランスが取れないし真っすぐ進まないし、曲がろうとしたら落ちる。膝たちすればそんなには難しくないけど、立つと即落ちる。

みんなで競争もしましたが、もはや体をなしていない。

見てください、この美しい海。そして全員へっぴり腰。遠目に見ていた時は簡単そうに見えたんですが。

美しい海。最高の気分です。周りではジェットスキーや、バナナボートに興じる若者が(こちらは別プランで有り)。波が横から殴るように来て幾度となく落水。

でも試行錯誤してあれやこれやと試すのはとても楽しかった。

無事奥さんも立ち漕ぎできるようになりました。

そのあとは8人乗りのSUPにみんなで乗ったりした後、シュノーケリングを楽しみました。

ライフジャケット付けているので、泳げない人でも安心。

奥さんも泳げないほうですが、今回シュノーケリングの楽しさを知ったようで、非常に良かったと思います。

ちなみにあれだけ頑張って磯のほうに行ったにも関わらず、ビーチの中にでけぇクロダイが泳いでいて愕然としました。

帰りはゆっくりフェリーで

帰りは、芦辺から出ているフェリーでゆっくり帰ります。約2時間ほど。片道2千円ほどです。

雑魚寝のスペースでみんなで爆睡して帰りました。いやー楽しかった。

もちろん時間が合えば高速船というチョイスもありでしょう!

まとめ

結局のところ、福岡から糸島や能古島に行くと渋滞や人の混雑で目的地に着くのに1時間以上かかることもザラです。タクシー代とかもかかるし。みんなが海に行く休日はそれはそれは人が多い。

それなら、往復6000円使って3時間でこんなに素敵な海に出会えるのです。素敵じゃないですか?いろんなマリンアクティビティが数千円のプランで楽しめる上に、福岡近郊では体験できない美しい海で遊びつくせる。

フェスのようなどんちゃん騒ぎもそれはそれで楽しいけど、本当に海でゆったりとした時間を満喫できる壱岐は福岡近辺では最高の立地ではないでしょうか。

  • 静かな海を十分に楽しめる
  • 高速船のおかげで十分日帰り可能なアクセス環境
  • 安価で充実のサービス
  • 海が最高にきれい

パッと挙げてこれだけのいいところ。

多分泊まったらこれに

  • 星がきれい
  • グランピング楽しい
  • 朝焼けも見れるんじゃない?
  • 朝はもっと釣れるんじゃない?

という期待が膨らみます。

次はグランピングで一泊で行きたい。というか今年中にもう一回行きたいな~。

壱岐、おすすめです。

では

グランピングならこちらも↓

壱岐の海
最新情報をチェックしよう!