コンパクト・折り畳み・最小限大好きミニマルもどきサラリーマン 趣味を最小限の道具で楽しむ効率的な生活を目指して、シェアします

骨付き鶏手羽もとで本格マッサマンカレーの作り方 業務スーパー編

タロウです。自粛疲れ、はんぱねえっす。


あんまり家にこもりすぎるとね、体おかしくなっちゃうんですが、おなかは減るので、できる限り外に出ないためにも買いだめをしてこのGWは家にこもろうと思ってます。

買い溜めといえば業務スーパーですよね。街に必ずある、緑の看板のこのお店。んで何を買いだめてきたのかというと、鶏肉とか、冷凍の野菜とか。そんな中でもこれはうめえ!ってのがありましたんでご紹介。

マッサマンカレーです。


マッサマンカレーって?

マッサマンカレーは世界で最もおいしい50種類の食べ物に選ばれたこともあるそうで、そりゃーもうおいしいカレーです。ちなみに今年年始にタイにいた時も、食べましたがめっちゃうまい。

タイの本格マッサマン

これはタイで食べた本格マッサマン、マジでうまかった。

辛味はほとんどなく、濃厚な旨味とほんのりした甘みが絶妙なバランスで練りこまれているスープ様のカレーです。

なんでもマッサマンとは「イスラム教の」という意味らしく、豚肉が食べられない教徒が食べる鶏肉のカレーなのだそう。

多様なスパイスでくみ上げられた上質なマッサマンカレーが、なんと業務スーパーで作れるんだ。感動。


超本格派の缶詰ルー

業務スーパーのマッサマンルー

さてこちらが業務スーパーにあるマッサマンカレーです。200円?くらい。

ゴロゴロとジャガイモが入っているので、意外にボリューミーになります。普通に作ると、だいたい2人前ぐらい。

作り方

画像が諸々足りないのですが、まずは業務スーパーで手羽元を買ってきて、ショウガ、水と一緒に圧力鍋で煮込んでいきます。水は200㏄くらい。手羽元は水が浸るくらいの量にしておきましょう。

高圧でおよそ10分、ほろほろに煮込めたらその中にこちらのルーをイン。この時、決して鶏を煮込んだ煮汁を捨てないこと。これがかなりのうまみパンチを追加してくれます。


ただし、水分量が多すぎるとルーが薄まるので、適量に。

再び軽く煮詰めたら完成。これだけ。

完成品と実食

手羽元マッサマン

こちらが完成品。

ホロホロに煮込まれた鶏肉に絡みつく甘みのあるスパイシーなソースが溜まりません。

業務スーパーだと手羽元はだいたい300円くらいでたっぷり買えるし、なんならむね肉でも圧力鍋を使えばほろほろにできるので、そちらでもさらにボリューミーに行けます。が、油とコラーゲンが溶け出す手羽元のほうが多分美味いと思う。


僕はニトリの圧力鍋を使ってますが、ここあたりが安くてよさげ。


水を少なめに作るので、底面積は狭めのほうがいいと思います。濃厚な旨味が出るからね。

自粛中、なかなか外に行けませんが、買い出しに業務スーパー行くことがあれば、ぜひ試してほしい一品。


しんどい日々が続きますが、皆さん頑張っていきましょう。


では!

業務スーパーのマッサマンルー
最新情報をチェックしよう!