コンパクト・折り畳み・最小限大好きミニマルもどきサラリーマン 趣味を最小限の道具で楽しむ効率的な生活を目指して、シェアします

2019年初登山お勧めスポット 十坊(とんぼ)山の頂上は福岡屈指の絶景ポイントで超気分良し

タロウです。

おお、そういえば年始の目標について更新するのを忘れてた、ということで年始2日に登山してきました。

今回は福岡市から糸島を超えて東に向かい、十坊(とんぼ)山を登頂しました。

福岡市内にほど近いわりに、非常に素晴らしい絶景ポイントでしたので、ご紹介します。

十坊(とんぼ)山 概要

今回目指す十坊山は、標高535m、お坊さんに由来する名前を持つ低山です。林道が主体で、道中の見晴らしは良くない代わりに山頂が最高に景色が良いということで行ってきました。

十坊(とんぼ)山 スタート地点

昼前に福岡市内を出て、糸島市二丈吉井のまむしの湯に向かいます。こちらの付近に登山者用の駐車場があります。西九州自動車道から南に入ってまむしの湯の奥手にあります。

山ナビBOXがある。中に山のパンフレットがあったりします。

分かりにくい登山入り口

さて準備は整いましたが、登山口が全く見つかりません。ぐるぐる付近を探して回ってたのですが、西日本九州道のほう、つまり海側に来た道を戻るとこのような看板が。わかりづらいよ!

登山口まで行くとマップが。今回は林道を抜けて山頂を目指します。

山頂への道は舗装された道から林道へ変化する

最初は段々畑の横を抜けたりと楽勝な雰囲気ですが、奥手にあるフェンス横の道を抜けるあたりから完全に林道に変化していきます。

落ち葉があって滑りやすい。天候によっては注意が必要です。

蛇イチゴ。おいしそう。

全体に傾斜が結構あり、なかなか足腰に来る。屋久島のための鍛錬の第一歩と思って噛みしめて進みました。

次第に暗めだった林道が明るくなって眼前が開けてきました。

山頂が近い。

山頂は超絶景&超寒風

山頂付近はかなり風が強く、一気に体温が奪われていきます。

そして眼前に見える巨石。坊主岩というそうです。裏手から登れます。

そして後ろを振り向くと・・・

ウオオオオオオアアアアアアアアアアアアアアア!!!

しゅごい・・・・

まさにパノラマです。玄海灘が眼前に広がり、奥手には唐津が見えます。

最高。新年一発目の登山にはおあつらえ向きなスッキリ感。

キモチイイ・・・

山頂ではお約束のカップラーメンとコーヒーを

山頂まで登ったら、いつものお約束でカップラーメンとコーヒーをいただきます。

こんな時はコンパクトになるPRIMSのバーナーが役に立つのさ。

created by Rinker
プリムス(PRIMUS)
¥8,910(2020/05/25 23:50:53時点 Amazon調べ-詳細)

青い空と海に映えるシーフードヌードル。最高じゃないですか。

奥さんはカレーヌードル。

僕はシーフードヌードル。

ああうまい・・・汗で塩分と水分の抜けた体に染み渡る。

ちなみにちょっと長めに待ってスープを麺に吸わせるのが僕の登山時の流儀。スープを捨てるわけにはいかないので全て飲み干すためです。

食後はコーヒーを。こんな感じでコップも持っていきます。これ確か引き出物。

さあ心機一転、今年も頑張りましょうということで下ります。

下りは結構危ない

と思っていたら、冬山で林道主体、しかも勾配が急ということもありかなり危険。落ち葉でズルズル滑ります。

奥さんと友人の奥さんが盛大に滑りました。

初心者の方はステッキがあったほうがよいでしょう。

登山後はまむしの湯ですっきりと

下山した後は麓のまむしの湯でゆっくりと疲れを取りましょう。年始で家族連れも多くにぎわってました。

露天風呂もあって、しかもワイン風呂まである。きれいな内装できれい好きにもおすすめ。あまりにも気持ちよくて休憩室で爆睡しました。

まとめ

全体に上りやすい山ではありますが、落ち葉が多く傾斜がきついので天気の悪いときは気を付けたほうがよいでしょう。下りが危ないということもありスティックがあるといいかも。

難 易  度:★★☆☆☆ 傾斜がきついだけで特に目立った難しいポイントは無し

周辺施設:★★★☆☆ まむしの湯は気持ちいいけど、当たり前のようにトイレはほかになし。

山頂景観:★★★★★ 大好き

お次は熊本の3333段の階段で体力づくりに行くつもりです、やるぞ~。

では!

created by Rinker
プリムス(PRIMUS)
¥8,910(2020/05/25 23:50:53時点 Amazon調べ-詳細)
十坊山山頂
最新情報をチェックしよう!