コンパクト・折り畳み・最小限大好きミニマルもどきサラリーマン 趣味を最小限の道具で楽しむ効率的な生活を目指して、シェアします

西鉄久留米駅前1番街・2番街がアツい レトロな町並みで飲んで久留米ラーメン「麺志」で〆る

タロウです。

先日のオルレのあと、久留米駅の付近、1番街2番街付近でうろうろしてみました。

〆にどうも有名っぽい久留米ラーメン屋を発見しましたのでご紹介します。

西鉄久留米駅前はなかなかエモい雰囲気を醸し出している

エモいって言葉便利すぎて語彙が死にそうなので、あまり使わないようにしているのですが、なかなかエモかったです。

西鉄久留米駅前から西に延びる通りは1番街・2番街といわれているらしく、飲み屋街があったりおしゃれなレストランが新しくできていたり。さすが福岡、地方都市も楽しいじゃないか、という感じです。

駅前広場で大道芸をしていたり。火を噴いてた。

商店街が、全体にとても良い雰囲気を醸しております。

一番街は面白そうなお店がたくさん

新しめのお店をたくさん見つけました。人が混みこみしすぎずちょうど良い感じ。

新しいイベントホール的なものも。久留米シティプラザというらしい。

2番街がガチエモな路地裏だらけ

そこからさらに西に進むと2番街に到達します。

さらにディープな雰囲気を醸し出す街並みのアスファルト切りつけながら人混みかき分けていくとまず見えてくるのは想夫恋です。

パリパリに固焼きにした焼きそばが香ばしく、最強にうまいと評判。以前朝倉のほうで食べて感動した。

持ち帰りの誘惑を振り切って奥へ。

日曜ということもありメインストリートは開いている店も少ないです。

でも何が最高って路地裏の雰囲気が最高。

この何かありそう感。

江戸前寿司に、このフォント使う!?って感じ。持ち帰り寿司って、大人になったら飲み帰りに必ず買うものだと思ってました。

飲みあけに来たい、あっさりうまい!中華うどん。

今回のベストショット。最高。フォトジェニック。

OFF AIRが残念。東京ナイト。

街角キャンパス。

いつか、ここで飲み歩きしたい。

とりあえず飲むぞ

今回はオルレのあとに来たのですが、何名か普段歩きなれない人たちが歩き疲れてしまいグッタリしていましたので、早急にアルコールの摂取が必要と判断し、一番街のつくね横丁というお店へ。

その名の通り、生つくねがめちゃくちゃうまいお店でしたがなぜか残っている画像はダルムのみ。

ダルムは久留米の焼き鳥発祥って聞いたことがあるので、これだけ撮ったのかもしれません。

美味しかった。

ここでブーストアップのために摂取したアルコールが裏目に出て、数名がぐったりしてきました。

酒っ子を飲んで元気を取り戻しましょう。中州のお姉さん御用達のウコンエキスです。

〆に久留米ラーメン 麺志 へ

ほどなく一番街と駅前の間ぐらいのところに戻り、行列の出来ていたラーメン屋さんへ。

久留米ラーメン 麺志です。

twitterもやってる。

久留米ラーメンなのですが、シーサーが置いてあります。

店内からはなぜかBEGIN。漂う沖縄感がすさまじいです。

お店を出るときに聞いたら、店長が沖縄大好きだとか。沖縄愛が全面にあふれ出しすぎ。

注文を取ってくれるおばちゃんがめちゃくちゃ元気でしかもよく動く。いい感じです。

ラーメンはこってりとあっさりの道と志を選べる

メニューです。らーめん道はあっさり。らーめん志はこってりです。

僕はこってりのらーめん志を注文です。

ほかにもGTOスペシャルというメニューもあります。

GTOがばうまとんこつおにつかの略です。

ダルム丼もうまそう・・・。

ドリンクです。

買うものを決めて食券を買って行列に並びます。

実食

その前にビールです。粛々と待ちます。

らー呑みセット…そんなものもあるのか….

来ました。

らーめん志です。

背脂ちゃっちゃ系。これでこってり感を出しているようです。

スープはとんこつでサラッと系。そこに背脂。結構ニンニクは効いてる。

でも、これはこれでうまし。酒のあとにちょうどいい。チャーシューや、メンマもボリュームたっぷりで〆にはこれで十分ってぐらい。

結局おなかいっぱいでビールがきつくなってしまいましたが、まあそれもよし。沖縄の音楽に囲まれて飲む酒も、雰囲気良くて〇。

一蘭とかああいうモノを想像していくと、全然そこまではこってりではないので1番街、2番街でガッツリ飲み倒して〆に行くのをお勧めします。個人的には飲み倒した後のやさしい一杯って感じでした。

西鉄久留米駅前通り、ぜひお試しあれ。

久留米駅の近く
最新情報をチェックしよう!