コンパクト・折り畳み・最小限大好きミニマルもどきサラリーマン 趣味を最小限の道具で楽しむ効率的な生活を目指して、シェアします

台湾現地でのポータブルwifiの借り方 現地wifi業者が絶対にお得!

タロウです。

海外旅行に行くときは、絶対にネット回線が必須です。空港にもフリーWifi飛んでるし、街中にもあるでしょ!なんてことを鵜呑みにしていくと絶対に痛い目にあいます。

出張中電波が不意に入っていなくて顧客にこっぴどく怒られたこともあるので・・・

必ず電波は通じるようにしておけば安心ですね。

日本国内でwifi借りるのも有りなんですが、特にアジア圏の場合海外で借りたほうが絶対に割安です。

当然台湾も。

ここでは備忘録代わりに借り方をざっくりと説明していきたいと思います。

台湾のレンタル無線LAN事情

桃園空港のターミナルにはたくさんのポータブルWifiとプリペイドSIMのお店があります。

だいたいは会社で申請して福岡空港で借りていくのですが申請を忘れていたりすると当日行っても借りれないことがほとんどです。

最近では観光客が非常に多く、wifiも奪い合い状態。かなり込み合っているようです。

そこで、僕は出張の際日本で借りるよりも安価に借りれる台湾現地のポータブルWifiを借りることが多いです。

日本で借りるとだいたい一日(1000円+保障代)/日前後かかりますが台湾なら4日で1600円程度(390TWD)でした。個人で行くときは少しでも安くしたいですよね。

借りるには何が必要?

基本的に必要なものは

  1. パスポート
  2. 日本円約1万円
  3. Wifiを借りるためのTWD、必要分
  4. 多少の英語力

のみです。

借りられる場所

まずはターミナルの到着ホールに点在するWifiと掲げられたブースへ向かいます。

そこで「ここでWifi借りれますか?」と聞くと「預り金が~円必要です、パスポートありますか?~日から~日まで使用しますか?」などなど、やり取りが始まります。

簡単な、簡単な英語できっちり応答すれば問題ないでしょう。

「May I have router?」

「stay for 〇 days」

くらいの簡単な英語であとは単語の羅列でもOK!一回やれば慣れます。

数か所で借りたことがありますがだいたい預り金の相場は1万円。保証金代わりですね。

預り金を預けて料金を支払い数か所サインすればWifiをGET。念のためきちんと動作しているかここで繋げてくれと言われますのでそこで繋げて、問題なければ「OK no problem」とでも言えば手続き完了。バイバーイです。

日本のWifiより圧倒的に容量は大きく今回借りたところは約50Gの容量。結局使い切れませんでした。

SIMの選択肢ももちろんあり。

SIMを借りるという選択肢もありましたが、キャリアでSIMフリーに対応してないことと、ノートパソコンがあるという理由で、僕はいつもポータブルWifiです。

SIMフリーのiPhoneなどをお持ちの方やパソコンとかは使わないよって人はSIMのほうが持ち物も減って便利かもしれないですね!

さあ、ここで浮いたお金で美味しいビールを飲みましょう。

国内申請・海外受取という選択肢もあり

まったく英語での聞き取りができない人はできるだけ国内でのWIFI確保をお勧めします。でも向こうもこちらがどこまで喋れるかわかって話してきますのでそこまで難しいことではないと思いますよ。


個人的には不便は全くないのでお勧めです。

国内で申請して現地で受け取りのできるwifiレンタルもあるようです↓

これならもっとスムーズにいくかもしれませんね!

英語も手続きも面倒だってひとは、どんなときもWifiいかがでしょうか?僕、今日常使いしてますが不便無しです。

では楽しい旅を

台湾高雄の夜市場
最新情報をチェックしよう!