コンパクト・折り畳み・最小限大好きミニマルもどきサラリーマン 趣味を最小限の道具で楽しむ効率的な生活を目指して、シェアします

福岡大手門の泊まれる立ち飲みホステル「スタンドバイミー」はアーバンで破格に酔える良店

タロウです

行きつけの飲み屋の旦那衆で不定期に開催する「旦那会」が開催されました。

場所は、町中でよく見るあの絵がお出迎え、福岡 大手門の泊まれる立ち飲みホステル「スタンドバイミー」に行ってきました。 ホステルと立ち飲みの融合。


へべれけに酔っぱらってもそのまま泊まれるという素敵な仕様です。   ちょい呑みの営業は11:30~、立ち飲みの営業は17:00~24:00とのこと。十分に酔うことができます。

店内は白を基調にした清潔感あふれる内装

店内に入ると奥に文頭の画像のようにあの絵がお出迎え。

白というかグレーを基調にした店内にブルーが映えます。アーバンな雰囲気。         おしゃれ。    

奥はホテルスペースになっているようです。清潔感があります。      

イベントも積極的に募集・開催しているようです。 

注文スタイル:1木札=250円 おっさん、木札豪族になる

  支払いシステムは1000円4枚の木札を手形として購入するスタイル。

この木札と引き換えにご飯を食べることができます。

5名で8000円をつぎ込み木札ピラミッドを築き上げました。      

普通は食べる分だけ購入して使用するとのこと。

ですがおっさん5人そろえば後先考えずに酒の為にピラミッドを築くことができます。

メニュー(ちょい飲み)

ずばぬけて多いわけではないですが、それぞれのメニューが福岡の有名どころとのコラボメニューになっています。  


二〇加屋長介の雲仙ハムカツや、赤身焼き肉USHIOの和牛タンとスジの甘辛煮込みなどなど。バルヴィータや海鮮丼日の出などとのコラボもある。すごい。


なにより結構な種類のアルコールが1木札=つまり250円。我々の天国か、ここは。    


朝食メニューはこちら。是非泊まってこのブレックファストを食べたい。      

     

酒をブーストする魅力のおつまみ群

まずはビールで乾杯です。うめえ。昼から飲むビールは人を退廃的にします。

   

ダメな空気に呑まれる感覚。          

おっさん同士なので「ドウゾドウゾ、オットット」の応酬です。    

香りがすごい、博多水炊きとり田の柚子胡椒使用ポテトサラダ

まずはポテトサラダです。博多水炊きとり田の柚子胡椒 とのコラボレーション。     食べた瞬間香る柚子の香りが半端ない。


柚子胡椒というか柚子感がすごいです。     これでとり田にも行きたくなりますね。一石二鳥の広告だわ、これ。          


ジューシーな 二〇加屋長介コラボ 雲仙ハムカツ

次いで登場したのは二〇加屋長介コラボ 雲仙ハムカツ。分厚い。 カラシをつけて食べるとビールが魔法のようにのどに流れていきます。    


ジューシーだけどチープな雰囲気で立ち飲み感が爆上げです。      

     

フワッフワな三原豆腐店の幻の厚揚げ

何が幻なのかはさっぱりわからなかったですが、ふわとろ食感の厚揚げでホフホフ言いながらビールを流し込みました。    


写真が食べかけになってますね。すいません。酔っぱらってます。          


檸檬サワーが果汁感たっぷりで呑み応えあり

ここで飲み物を変えましょう。檸檬サワーです。

生絞りのようで果汁感がすごい。粒粒も感じられるほど。

甘味は少し強めかな。でもさっぱりとしてとても美味しいです。

細かいパン粉が絶妙、ブリック布巻さんのとりささみ大葉揚げ

気を取り直して、ブリック布巻さんのとりささみ大葉揚げです。

またしても食べかけ、うますぎるから・・・・とりささみ大葉揚げってなんでこんなにうまいんだろう。

あの、あんみつ姫のゴボウスティック

極太でめっちゃうまかった(意味深)。狙ってるよね。

焼酎ブースター、赤身焼き肉USHIOの和牛タンとスジの甘辛煮込み

酒のブーストが止まりません。

レモンのさっぱりと煮込みのもったり感が相乗効果を生み出し胃の中にダウンストリームを発生させて木札がみるみるうちに無くなります。

結果、1時間足らずですべての木札を使い切り、無事1次会終了、2次会へと移動する運びとなりました。大満足。

宿泊や旅先の出会いも楽しめる

ホステルの部屋は、いわゆる相部屋のミックスドミトリー、女性も安心レディースドミトリー、個室のプライベートドミトリーもあるようです。  


何度か学生の時に相部屋を経験したことがありますが、旅先の出会いというものはとてもいいもので、自分が見たことのない世界を見せてくれる非常に良い経験となりました。  


そんな場所がこんな福岡のど真ん中で提供されるのは非常にいいことだなと思いますし、昨今ではホテル不足が叫ばれる福岡市内。

このようなドミトリースタイルの省スペース型の宿泊施設も見直されていくべきなのかもしれません。

感想

看板メニューの唐揚げを食べなかったのが心残りです。それにしても、お酒がかなりの種類で木札一枚=250円という破格さと、各メニューの完成度の高さ。

コラボ商品を食べるとそのお店にもぜひ足を運びたくなりました。 飲み物メニューの中でも特にレモンサワーは非常においしいのでぜひお試ししてほしいです。

次はもっと旅人の多い時間に行ってみたいと思います。     さて、旦那会はまだまだつづくんじゃ。。。。     では

スタンドバイミーの内装
最新情報をチェックしよう!