コンパクト・折り畳み・最小限大好きミニマルもどきサラリーマン 趣味を最小限の道具で楽しむ効率的な生活を目指して、シェアします

OneNoteやめてNOTION導入したのでEVERNOTEとかKEEPとかとの使い分けとか

タロウです。

花粉がやばい、今年は早いですね。

さて、先日愛用していたONENOTEからNOTIONへ移行してみたので、使い心地とかメモアプリとかとの使い分けとか自分なりの使い方ができてきたのでまとめておこうと思いました。

今までのONENOTEの使い方

今まではONENOTEを完全なメモアプリ、つまりノートの代わりとして使っていたのですが、(紙書類をすべて断絶したい僕としては認めたくない事実ではあるのですが)最近あんまり使わなくなりました。

理由としては

  • 起動に時間がかかる
  • そもそもiPad重い
  • データの検索性と貯蔵性がいまいち

って感じです。つまり、ノートというには見づらいし、メモと言うにはすぐに起動できない、ってことです。

即時起動のメモとしてはGalaxy notesに勝る電子ノートは無いというのが、この2年くらいの運用の結果です。だってSペン取り出すだけで起動できるんだもんな。

ついでに、即時起動のメモ機能という1点だけ見れば、Google アシスタント起動→Google keepへの音声メモが最強。Keepならアドオンの導入でGmail見ながらでも、Googleカレンダー見ながらでも、なんならAndroidのウィジェットでもスマホトップにも表示できるので絶対に忘れないメモの完成。

ONENOTEは即時性が正直ちょっと中途半端でした。もっさりしてるのよね。

  • 通話中のメモはワイヤレスイヤホン+Galaxy notes(Sペン)が最強
  • ふとした思いつきや移動中や運転中のメモはGoogleアシスタントからのKeepの音声メモが良い

あと、思考を巡らすときは結局紙が最強。コピー用紙にガシガシ書いて、その後まとめるほうがよい。

created by Rinker
伊藤忠紙パルプ
¥580(2021/07/30 11:13:49時点 Amazon調べ-詳細)

僕は普段HINGEというファイルフォルダに入れてガシガシ描いてます。

HINGE
created by Rinker
idontknow.tokyo
¥1,800(2021/07/30 11:13:50時点 Amazon調べ-詳細)

EVERNOTEの使い方

Evernoteも一時使うのやめようかまよった時期があったのですが、NOTIONとは明確に使い勝手が違うなと思ったのでよりシンプルな用途を与えて使用を続けています。

Evernoteの使用用途は貯蔵。興味を持ったものやいままで持っていたものややったことが、とりあえず検索性を持って保管されることを目指しています。

具体的には

  • SNSのログをIFTTTで自動BU
  • 気になったニュースをすべて保管
  • 顧客へのOFFERメールの写しをメール保存機能で
  • 写真の整理=定期的にGoogle フォトをある程度整理してBU
  • アカウントのパスワード管理

などなど、とりあえずなんでもぶちこんで行ってます。

一つ注意していることは、興味があった記事とかは、INBOXを作っておいてすべてそこに一旦集まるようにすること。それを再度見直して振り分けをすることが大事だと思ってます。

基本は知識の集積場、できる限り多く情報を集めてあとから簡単に見れるように検索性をもたせながら振り分けていくようにしています。

Chromeなどのブラウジングアプリとの相性が抜群にいいので、情報集積にはこいつがベストですね。ライフログ、としてはかなり高次元な気がする。

どちらかというと即使う情報を蓄積するよりは長く保管する情報を入れておく感じ。(アプリも重いので)

KEEPの使い方

今まで様々なTODOアプリをつかっていたのですが、結局、スマホロック開ける→アプリ起動する→打ち込むという流れすらズボラな自分にはめんどくさくて、最終的にKEEPが最強のメモアプリだなと行き着きました。

OK Google、「○○○とメモして」でとりあえずメモには入る。運転中にふと思いついたアイデアも逃さないし、GmailなどのGoogleアプリではアドオンを使用することでメモを見ながらメールを打ったりできるのでめっちゃ便利です。

Googleカレンダーにもアドオンがあり、画面左でKeepを参照しながらタスクとして即カレンダーに打ち込んでいくような使い方も可能。タスクに打ち込んでスケジューリングすることで、アイデアも忘れないようにできるというもの。ちなみにタスクはGoogle Todoのアプリでも管理できるのでそれはそれで便利。

カレンダーはGmailにもアドオンがあるので、タスクをガシガシ記載しておいてメール作業をサクサク終わらせるぜってこともできちゃいます。

あとは仕事で使う定型文なんかを、保管してたりしてます。PC変わって入力ソフトが変わってもKeepさえ開ければ、煩雑な長々とした文章を打つ手間が省ける。あのお客さんの住所なんだっけ・・・ってときも瞬間で検索→コピペできます。

電話中のメモとかは、Galaxy noteのSペン使ってさらっと取ります。ワイヤレスイヤホンなら、通話しながらでも楽勝。これはもうGalaxyから絶対離れられない。

惜しむらくは、Galaxy notesからkeepの自動同期ができれば最強のメモアプリができあがるのになあ。galaxy notesはたまに見落とします。LINEのリマインくんってサービスで必ず見落とさないようにするようにリマインダー入れてます。これも便利ですよ。

登録しておくだけでリマインドしてくれる。

NOTIONの使い方

もう、名だたるYoutuberや著名ライフハッカーがいろんな使い方を書いてるのでいまさらここでまとめたところでとも思うのですが、とりあえず、自分の備忘録のためにも。

NOTIONはアイデアをリスト化するところにしています。EVERNOTEなどで集積したデーターを元にまとめ、カテゴリごとにデータベースへ昇華させていきます。ぼんやりとやりたいこととして残していたEvernoteの記事を明確にアイデアやアクションプランに書き記してみたり、趣味にまつわる内容をまとめておいて、次回やりたいことをすぐに分かるようにしておいたり。

持ち物リストとか趣味に持っていくものリストなど、ここを開けば情報が整理されてわかりやすく整理されている、そういう状況を目指しています。

それと、EVERNOTEをアプリが重くなったこともあって、紙書類のデータ保管も、こちらに移行しようと思ってます。アプリが比較的サクサク動くのとPDF書類をへの注釈が入れやすい。

今のデータ管理まとめ

これらのアプリの特徴なのですが、使った感想としては

  • KEEP 即時メモ機能が強い、Google サービスとの連携良い
  • Evernote ブラウザなどとの親和性が高く情報の集積がしやすい
  • NOTION データー管理に便利な機能が多く自由なレイアウトが直感で作れる

というようなメリットがある一方で

  • KEEP データーの連関が見えづらい、ラベルでの分類は見づらさがある
  • Evernote 表や画像などのレイアウトがNOTIONに比べると不自由、見やすさや一覧性に欠く(あくまで貯蔵性にフォーカス)
  • NOTION 階層を作りすぎるとよくわからなくなる

ってデメリットがあるなあって感じです。

結局それぞれ一長一短なので、用途はできる限り限定してデータの流れを決めてやることが大事だなと思います。なんだかんだ全部のアプリが優秀なので無理やり一つですべての機能を賄うことも不可能では無いでしょう。そう、全部できちゃうから、使い分けがぼやけるんです。

なので意識的に使い分けをしてやらなくては、あれ、あのデータどこいった?ってなりがちです。きっちり分けましょう。

ということで、まとめると

  • KEEP/Galaxy notesのTODO → Googleカレンダーでタスク化=Google TODOで管理
  • KEEP/Galaxy notesのアイデアやメモ → EvernoteやNOTIONへまとめて昇華
  • Evernoteのクリップなど → NOTIONで具体化・データベース化

というような形で運用してます。

特に、KEEPでメモ→GOOGLEカレンダーへのタスク化の流れが秀逸で、とりあえず思いついたものをKEEPに打ち込むという癖だけつけておくようにしておけばタスク漏れはなさそうです。

EVERNOTEもNOTIONも分けて使用していますが、明確に使いやすさの違いはあるのですが、今はあまり明文化できない感じ。

とりあえず使い続けて見ます。別途使い勝手がわかってくればまた書きます。

では。

NOTION
最新情報をチェックしよう!