コンパクト・折り畳み・最小限大好きミニマルもどきサラリーマン 趣味を最小限の道具で楽しむ効率的な生活を目指して、シェアします

キャンプの道具をコンパクトにしたくてTOMOUNTの2人用テント買って使ってきた感想

タロウです。

夏のグループキャンプ、秋のグループキャンプと奥さんと二人で泊まることを前提としたキャンプにおいて、テントのサイズが不満でした。今所有しているやつ、でかすぎる。サクッと設営できる2人用のテントを買おう。

現在使用している山善のキャノピーテント

こいつが問題のテントです。山善のキャノピーテント。

山善テント

山善のキャノピーテント4~5人用。複数人で泊まることを大前提として購入したのですが、そもそも4人寝たらさすがに狭いし、そもそも、別家族と行くことが多いので、わざわざ4人で同じテントに泊まることがない。

車に積みっぱなしとかだといいんですけど、レンタカーとか友人の車に乗ることの多い今の状態ではこの大きくて思いテントを持っていくのは超億劫です。子供がいたらいいのかなーとは思いながらも、それでも、これだけの大きなテントをわざわざ毎回立てるのは時間の無駄だし、何より身軽さがない。収納してもこのサイズ。

キャンプ道具


↑一番上のバッグがテント。足と比較するとでかさが際立つ。重量も半端ないです。何より撤収の時がめんどくさい。フライシートからすべて畳むのに、サイズが大きいので2人が仮でも一度必ず地面に置いて畳まないといけないという点が良くない。いや、そんなもんなんですけどね、このサイズだと。

雨の日とか、ぬかるんだ地面だと最悪です。準備と撤収がめんどくさいと、キャンプに行くのが億劫になるので、二人にちょうどいい大きさのものを探していました。僕の理想のキャンプはやっぱりバックパック一つで行けるキャンプなのです。

↓これがこちらのキャノピーテント、でかい。

created by Rinker
キャンパーズコレクション
¥17,803(2021/06/23 16:02:18時点 Amazon調べ-詳細)

荷物を厳選して2人がきっちり寝れるサイズのテント TOMOUNTの2人用テント

今回のテントを選ぶうえで

  • 安価
  • 二人が横に並んで寝れる
  • 前室付き
  • バックパックに入るサイズ
  • 最悪グランドシート要らない耐水圧のフロアシート

を基準に探しました。前室付きは譲れないポイント。タープを荷物から減らすことができるのと、低めに張れば軽い雨はしのげるだろうという精神的な安心感があります。あと靴を置いたり、夜一時的に荷物を撤収しておけるというのも安心感があります。それとフロアシートが最悪グランドシートなくてもしのげる耐水圧になっていること。

そもそも他にもテント2つ持ってるのにそこまでお金かけたくない、改めてサイズ感に満足したらおなじサイズ感の性能の良いものを買おうと思ってます。ですが意外に、この前室つき、という条件が曲者で、2人分の寝室スペース合っても前室がないぜ、みたいなパターンが多くて、今回ようやく探し出した、という感じです。

値段も9000円くらい、十分すぎる価格帯。

↓こいつです。




届いた

届きました。こんな感じです。

TOMOUNT テント

中にはペグが一式と、フライシート、インナーテントの2種。前室のためのポールが付属してます。収納サイズは43*15とバックパックに優に収まるサイズ。インナーテントのスペースの広さは220×120。二人肩を並べて寝ても気になりません。ダブルベッドとまではいかないけどセミダブルくらいの広さはある。

全体的に安っぽすぎはしないけど、ロープが蛍光色なのがね。ご愛敬。夜引っかからなくてよいか。

↓こちらです。

実際につかってみた感想

んでもって先日、佐賀にいってキャンプしてきました。

TOMOUNT2人用テント

こんな感じです。内部はWAQのインフレータブルシートが2つ入ってちょうどいいくらい。足元と枕元にはバックパックを置く余裕があります。設置にかかる時間はおよそ5分。超時短です。ちなみに撤収も、ものの5分でした。グループキャンプなら、狭い区画でもゆっくり場所を確保できるし、どうせ酒飲んで寝るだけなので、そんなに広さは不要、というのが僕の感想。

二人で行ったとしても、タープを張っても十分な広さが確保できるでしょう。なんならテントの中に座って地べたスタイルで前室下ですべてを終わらせてもよさげ。こんな風に。これは1人用のテントですけど。

FIELDOOR キャンプドーム100

ソロ用テントとしても十分なサイズ感なので、奥さんと二人で2つのテントとかでもいいかもしれません。ちょっと気になったのは狭い室内に冬場2人寝たので結露がかなり激しかったところ。寒さについては寝袋とワークマンの防寒着のおかげで全く気になりませんでしたが・・・・


→202012更新 0度近い環境では装備を選びます、おそらくフライシートの裾が浅いのも原因かと・・・

翌朝、拭いたタオルが一枚びっしゃりなるぐらいには結露しました。先々は、透湿素材のものにグレードアップするのがよいかもしれませんね。それと付属のペグは非常に脆弱です。手で曲がる。できれば買い換えるのがよいと思います。

グランドシートいらない説ですが、検証した結果、無くても内部が濡れないとは思います。が、やっぱり外側がベチャベチャになるし、撤収のときに汚れを落とす手間が出るので一応使用はしたほうがいいかなという感じ。

まとめ

ということでまとめるとメリットは

  • 安価
  • 二人が横に並んで寝れる
  • 前室付き(ちと狭い)
  • バックパックに入るサイズ
  • 最悪グランドシート要らない耐水圧のフロアシート(破れの耐摩耗性は今後の使用で判断)

デメリットは

  • 結露が激しい
  • 付属のペグがちゃちい
  • 耐寒性は皆無(こちら

って感じです。ロースタイルでゆっくりってのが良さげですな。値段にも、サイズにもとりあえず満足。ガシガシ使ってヘタれたら次のグレードへのアップグレードを考えます。まずは月一キャンプに行きたいぞ。

では




TOMOUNTテント
最新情報をチェックしよう!